リーダーの心理学【モチベーション管理で使いたい5つの心理効果】

リーダーシップ

この記事は読むのに 7 分くらいかかります!

こんにちは、めけです。
@Meke_korepro

ぷろたろ
ぷろたろ

メンバーやお客様がもっとプロジェクトに対して前向きに取り組んでくれたらな..

めけ
めけ

チームビルディングやステークホルダーエンゲージメントに使える心理効果があるよ。

メンバーのモチベーションを高める、お客様や上司の信頼を獲得する、要件定義を始めとした打ち合わせを有利に進める..

スコープマネジメントやスケジュールマネジメントなど、基礎的なプロジェクト管理技術を身に付けるのも有効ですが、ときには他の分野が役立つことも。

この記事では『プロジェクトリーダーが知っておきたい心理効果(モチベーション管理編)』を実践例と合わせて紹介します。

プロジェクト管理を行う上でのコミュニケーションスキルを高めたい。
顧客やメンバーのモチベーション管理に使えそうな心理学スキルを身に付けたい。

モチベーション管理で使いたい心理効果BEST5

まずは実践例を紹介する前に、対象となる心理効果を一覧にまとめてみました。

名称 カテゴリ どんな効果?
ピグマリオン効果 モチベーション管理 心から期待をかける事で、自然と相手がその期待に応える心理効果。
カラーバス効果 モチベーション管理 たとえば”青いもの”を意識すると、日常の様々な風景や会話から該当するものを無意識に探してしまう心理効果。
ロミオとジュリエット効果 モチベーション管理 物事を達成する際、対象の障害がある方がモチベーションが上がる心理効果。
プラシーボ効果 モチベーション管理 実際には何も成分が含まれていない偽薬でも、”薬である”という思い込みから症状の改善や副作用が出現する心理効果。
アンダーマイニング効果 モチベーション管理 自発的に始めた事に対し、突然報酬が提示されてしまうと却ってモチベーションを損なってしまう心理効果。

心理効果を使った実践例

ここからは、それぞれの効果について「プロジェクトを運営する中でどう使えるのか?」を紹介します。

ピグマリオン効果

心から期待をかける事で、自然と相手がその期待に応える心理効果です。
自ら対象の人に期待をかけても良いですし、より効果があるのは”他人を介して期待をかける”方法です。
※第三者から話を聞いた方が信ぴょう性が増す効果は『ウィンザー効果』とも呼ばれます。

実践例①
後輩社員に対し、「〇〇くん(後輩社員の名前)は仕事も丁寧できっちりこなしてくれる。次のプロジェクトでは技術リーダーを任せたいと思ってるんだ。」と声を掛ける。

実践例②
モチベーションを上げたい対象者の関係者に対し、「〇〇さん(対象者の名前)は仕事も丁寧でお客様の人望も凄く厚いみたいです。技術面でも私より詳しい点はたくさんありますよ。」と声を掛けておき、関係者から対象者に対して期待がかかるよう促す。

カラーバス効果

たとえば”青いもの”を意識すると、日常の様々な風景や会話から該当するものを無意識に探してしまう心理効果です。
アイデア発散の手法としても利用される心理効果です。

実践例①
次期プロジェクトで取り扱う新技術の名称を、目につくところに書いておく。

実践例②
課題となりそうな事柄について、メンバーに「〇〇を解決する方法知ってたらまた教えてね。」と声を掛けておく。

実践例③
組織で改善したい事柄について、「〇〇を良くする方法を考える会」など具体的な会議タイトルをつけて予め周知しておく。

ロミオとジュリエット効果

物事を達成する際、対象の障害がある方がモチベーションが上がる心理効果です。

ぷろたろ
ぷろたろ

壁があると反対にやる気なくならない..?

めけ
めけ

過度な壁はモチベーションの低下を招きますが、ちょっと頑張れば超えられそうな壁を設定しておくと自発性を促すこともできますよ。

実践例①
後輩社員に対し割り当てるタスクの中に、少し上のレベルのタスクを混ぜておく。

実践例②
普通に運営すれば問題なく完了するプロジェクトに対し、コストやスケジュールの目標(制約)を設ける。

プラシーボ効果

実際には何も成分が含まれていない偽薬でも、”薬である”という思い込みから症状の改善や副作用が出現する心理効果です。
ビジネスの場においても「自分は大丈夫。この道のプロだ。」と思い込む事で予想以上の結果につながったりするケースがあります。特に私の経験上、”他人の成功談”を偽薬として与えると効果を生みやすい印象です。

実践例①
「部長は昔、"私は誰よりもお客様に細かな気配りができるビジネスマンだ!"と思い込んで仕事を進めていたら、その後のプロジェクトが全て黒字になったみたいだよ。」と後輩社員に伝える。

実践例②
書籍『7つの習慣』で学んだ"他人や環境を変えるには自らを変える必要がある"という考えを信じて行動し続ける。

アンダーマイニング効果

自発的に始めた事に対し、突然報酬が提示されてしまうと却ってモチベーションを損なってしまう心理効果です。
こちらはモチベーションを上げる、というよりは下げないために知っておきたい心理効果になります。

ぷろたろ
ぷろたろ

なんで?頑張ったらお金をもらえるならもっと頑張りそうだけど?

めけ
めけ

その瞬間は頑張るのですが、後々報酬なくしては頑張らなくなります。

この効果の怖いところはまさに「報酬無しでは行動を起こさなくなる」という危険が生じる点です。
一般的に精神的報酬(達成感や他人からの評判)はモチベーションを向上させやすく物理的報酬(お金やプレゼント)はモチベーションを低下させやすいと言われます。
※後者がアンダーマイニング効果で、前者は”エンハンシング効果”と呼ばれます。

ボランティアをイメージすると分かりやすいかもしれません。
“自ら世の中を良くしたい”と思って始めた行動に対し、突然他人から「お、頑張ってるね。今回これだけ頑張ってくれたから、ぜひ報酬を受け取ってください。」とお金を渡されたらどうでしょう?
その瞬間は『やって良かった!』と思えるかもしれませんが、次回同じ活動をした時に報酬を期待してしまうようになりませんか?

メンバーや部下が自発的な想いで取り組んでくれた行動に対しては、仮に報酬を発生させるにしても対象者や周りの関係者にどのような影響を与える可能性があるのかを十分に考慮する必要があります。

また、”最初からお金を得る事を目的で”開始している場合はこの限りではありません。

実践例①
いつもこまめに掃除を頑張ってくれている後輩社員に「いつもありがとう。おかげでスッキリした気持ちでいつも仕事ができて本当に助かってるよ。」と感謝の意を述べる。(直接的に給与や賞与へは影響させない)

実践例②
自分が気付かなかった部分をサポートしてくれたメンバーについて、「〇〇さん(メンバーの名前)がサポートしてくれたおかげで、先日の打ち合わせは上手くいったよ。」とメンバーが集まる全体の場で褒める。(直接的に給与や賞与へは影響させない)

利用時の注意

心理効果を用いる際は、下記の点に注意して利用するようにしましょう。

心理効果にばかり頼らない

今回ご紹介した心理効果は、「対象者の自発性を促す」または「対象者のモチベーションを維持する」ことを目的としています。

もちろん心理効果を使う事で一時的に成果を向上させる事はできるかもしれませんが、使い続ければ次第にその効果は薄まってきます

本来は享受できた良い結果を、次につながる”仕組み”として取り入れる事が重要になるため、あまり頼り過ぎないように注意しましょう。

良い方向で使う

たとえば誰か落としめたい人がいる場合、第三者に対して「あの人、全然仕事できませんよ。もう辞めさせたらどうですか?」と不要なネガティブイメージを植え付けるといったように、心理効果は使い方によってはマイナスの効果を生む場合があります。

マイナスの効果を生む目的で使用する時、その結果にあなた自身は満足するかもしれません。

ただ、対象となった方はその言葉一つで人生を狂わされる可能性もあります

心理効果はプラスの効果を生むために使うべきです。

まとめ

いかがでしたか?

コミュニケーションが9割ともいわれるプロジェクト管理において、心理効果は使いようによって強い味方になってくれる事があります。

積極的に取り入れながら、上手にメンバーや顧客との信頼を育てましょう。

この記事が参考になった!という方は是非コメント、フォロー頂ければ幸いです。