管理者から戦略家へ!消える【80%のマネジメント】

戦略

この記事は読むのに 4 分くらいかかります!

こんにちは、めけです。
@Meke_korepro

RPA技術(ロボットによる業務自動化)やAI技術の発展により、組織のあり方だけではなく、仕事のあり方についても大きく見直されています。

それは”プロジェクトのカタチ”に関しても例外ではありません。

AIの発展でマネジメント業務の何がいらなくなるの?
これから重要度が増す職種(役割)って?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

効率から”変化”の時代へ

Before – Efficiency After – Change
組織風土 命令/管理/規則(戦略の計画) 起業/協力
注力分野 効率/規模/コスト 革新/転換(戦略の実行)
計画対象 業務内容/プロセス 中長期的な戦略ロードマップ
スキル特性 スペシャリスト ゼネラリスト
組織構造 階層構造 ネットワーク構造

今でこそ「いかに効率良くタスクをこなし、最大限の品質/利益を得るか」に注目が集まりますが、そういった生産性がいずれの組織においても最適化されると、組織はどのように変わるのでしょう?

過去のプロジェクトに関するデータが簡単に分析でき、次のプロジェクトへ活かす営みがビッグデータ解析やディープラーニングによって進めば、次に注力すべき分野も大きく変化します。

これから先、

「1人1人が特定の分野において秀でた知識/スキルを身に付け、それを管理する”トップダウン”もしくは”ボトムアップ”形式での組織」

から

「全員が起業家/経営者の視点を持ち、互いに密な連携を取りながら大事を成す”ネットワーク”形式」

への転換が求められる可能性も高いと考えられています。

ぷろたろ
ぷろたろ

もちろん、スペシャリストとしての視点はどの時代も有用だよ!
でも、今よりもっと視野を広げていくことも大切なんだね。

マネジメント業務の80%がAIで消える!?

従来、プロジェクト管理者が行っていた「立ち上げ~終結」に係る作業の約80%が、今後技術の発展によりRPA技術やAI技術により”人がやらなくてもよくなる”可能性があると言われています。

80% of the work of today’s project management discipline will be eliminated as AI takes on traditional project management functions such as data collection, tracking and reporting.
A Virtual Partnership? How Artificial Intelligence will disrupt Project Management and change the role of Project Managers (pwc.com)
ぷろたろ
ぷろたろ

じゃあ、みんな何するの?

単純作業や判別作業を機械に任せられる分、人はトータル利益を意識した「発想」「運用」に注力できるようになります。

逆に言うと、今後“考えるチカラ”“上手く利用するスキル”が養われていないと職を失う可能性すらあるわけですね。

ぷろたろ
ぷろたろ

「プロジェクトマネジメントの知識やスキル」から「ビジネスアナリシスの知識やスキル」がより重要度を増してきそうだね!

10年先、20年先に生き残る為に..


出典:WEF_Future_of_Jobs_2020.pdf (weforum.org)

上図は昨年2020年10月頃に「The World Economic Forum(世界経済フォーラム)」から発表された、今後の需要度が大きく変化しそうな職種のランキングです。

左右の表で重なっている職種(事業責任者とメカニック修理工)があるのですが、恐らくは担当されている業界や業務内容によって重要度が分かれるものと思われます。

ぷろたろ
ぷろたろ

AIやRPAそのものをつくったり、まわりの戦略を策定したりするお仕事ができる人は、これからもっと忙しくなりそうだね..

単純作業で稼ぐ、というのは難しくなってくるのは確かだと考えていますが、逆に「考える技術」を磨けば、今の分野でも大いに活躍できる場は広がるのかもしれませんね。

まとめ

どんな仕事でも、「今やっていること」が将来何十年も先に残っているかは誰にも予測ができません。

だからこそ自らアンテナを張り、常に新しい分野に挑戦できるような準備を整えることが大切ですね!

ぷろたろ
ぷろたろ

プロジェクトマネジメントはまだまだ必要だと思うけど、次はビジネス戦略を考えるスキルやノウハウも習得していこうかな!

ただ与えられた仕事をこなすのではなく、「なぜ今この仕事をしていて、誰にとって嬉しいのか」をいつも意識して取り組むようにしましょう!

この記事が参考になった!という方は是非コメント、フォロー頂ければ幸いです。